カテゴリー別アーカイブ: 髪のお悩み解決!blog

Ritaスタッフが色々な髪の悩みを解決します。

『黒染め』から『明るいカラー』にする成功事例伝授!黒染め落しカラー【川越】


黒染め後のカラーで入れ易やすい色とは?! 脱・黒染め!暗い色から→明るいミルキーカラーにしたい方へ、失敗しない方法を伝授!【Rita川越 KANA】その方法とは・・・・❓❓

============================================================================【2020.09.11 追記・更新】『黒染めをした後のカラーは出来るのか?黒染めをした人は、その後明るいカラーにする事を諦めている人が多いみたいです。または、黒染め後、どのくらい経てばヘアカラーして平気なのか分からない????という人が多いようです。

黒染め後のカラーはできます! 失敗しない為の方法も教えます!!

黒染めの後に、明るい色にしたいけど、出来るの?という質問よくあります。

さらにネットで調べていくと『黒染めの後に、明るい色入れたら失敗した』という記事も多く見られました。その理由は、担当の美容師に黒染め、または暗髪にする際に『明るく出来ない』とか『明るくしにくくなる』とか『明るい色入れると失敗失敗しやすい』とか言われるからだと思います。

その結果『いつになったら問題無いのか?』『どのくらい経てば明るくしても失敗しないのか?』っていう検索する人が多いのだと思います。そんな方に朗報です(^_-)-☆

結論から言うと

黒染めをした後明るい色のカラーにするのは可能です!すぐ出来ます!

黒染め後に明るくしても失敗しない方法もあるんです!!

そうです!出来るんですよ!!

但し、注意点があって、通常の髪の状態と同じ方法では失敗する可能性が高いです。 しかし失敗しないで上手くいく方法もあるです! 知りたいですか?

重要な事は

まず先にその事(黒染めをしている事)を担当の美容師さんに伝えて下さい。

これ一番重要と言っても過言ではありません!

場合によっては、出来ない事は無くても、思い通りの色にならない事が予想される場合もあります。その場合は少し時期をずらすか、希望の色を変えるかの選択になります。髪の状態によりカラー自体を止めた方が良い場合もあるので、そこはご相談、ご提案させてもらいます。

まずは、髪の状態、染めた時期を『予約の地点で伝えて下さい』それが失敗しない一番の方法です。

更に失敗しないコツは?! 黒染めとハイライトを同じ美容師に担当して貰う!

さらに言うと、失敗するリスクを最小気に減らし、成功の確率を最大限上げる為のポイントを一つお教えします!! それは黒染めする美容師さんと、その後明るくする美容師さんを同じ人にやって貰う事です。そうする事で黒染めの際の状況や経過も把握しているので一番リスクが少ない方法です。

黒染めの際に施術日と強弱などをしっかり記憶しておくと良い

黒染めは、短期で終わるし安く済ませたいからと、安いお店でチャッチャッと済ませて、その後明るくしようとして、その事言わずに施術してしまうと失敗確率が上がる訳です。明るい色を成功させる為にも、黒染めも同じ美容師さんにやって貰いましょう!

これから『黒染め』『暗髪』したいとお探しの方はコチラから!

これから『黒染め』『暗髪』をして、さらにその後『明るいカラー(ハイライト)』にする予定の方はコチラ!

すでに『黒髪』に『暗髪』にしていて、これから『明るいカラー(ハイライト)』にしたい方はコチラから!

あなたの状況、お望みのメニューを見つけてご予約下さい。もしくは気になる方はオンラインカウンセリングも出来るのでお問合せ下さい。現状、髪の状態を確認させて下さい。

黒染めに関して調べている人は何を知りたがっているのか?

WEB上の『黒染め』に関する検索数上位をピックアップしてみました

  • 黒染めとは?黒染めの色落ちって、、、
  • 黒染めすると、その後明るくできるのか?
  • 黒染めの色持ちは?
  • おすすめの黒染め方法!
  • 黒染めによる、トーンダウン!
  • おすすめのトーンダウン、暗髪、髪色

◎黒染め 市販  ◎黒染め やり方  ◎黒染め セルフ  ◎黒染め 美容院  ◎黒染め 美容室  ◎黒染め スプレー  ◎黒染め ブリーチ  ◎黒染め 落とし  ◎黒染め 暗髪  ◎黒染め 透明感  ◎黒染め スプレー  ◎黒染め オススメ  ◎黒染め トーン  ◎黒染め 痛む?  ◎黒染め ダメージ  ◎黒染め デメリット

以上でした。このブログでは主に黒染めしたあとに、明るくしたいという方に向けて、黒染め後に明るくして失敗しない為の、成功の秘訣を解説します。その他、黒染め後のカラーや明るさを変えたい方、スタイルそのものを変えたい方も、髪の状態や担当美容師、スタイリストに伝えるべき事、話すべき事、確認するべき事やその他、気になる事があれば直接お電話か問合せフォームよりご連絡下さい。

『黒染め』は黒染めする事よりも、その後の明るくしたり元に戻す方が失敗しやすい!

黒染めもその後のカラートーンチェンジやブリーチも市販、セルフは出来たら止めて下さい。理由としては、もちろん『美容室に来て欲しいから』という事も有りますが、それ以上に、失敗したり、その後の処理で失敗率が上がるからなんです。

黒染めをした美容師(美容室)とその後、明るくする美容師がおなじというのがベターです。使った薬剤や施術方法が分かっているのも失敗しない要素になります。

============================================================================
【2018.08.13 追記・更新】 黒染めをした後のカラーについて調べてる人はあまり多くいないようです。っていうのも、その事が失敗の原因になる事を事前に分かっている人が少ないのです。いざ、明るくしようとして、黒染めをしている事を話して初めて気づくパターンのようです。

『結論』から言ってしまうと、黒染めしてからでも、明るいカラーにする事は可能です。

ただし、一番重要な事は、一度黒染めをしている事を、施術する美容師さんが認識した上で施術する事です。そのまま、通常の施術をしてしまうと思い通りの色になる事は難しいのです。

なので、黒染めをしている方、その後、明るくしたいと考えている方は、ぜひ『黒染め』をしている事を先に伝えて下さい。そうすれば、失敗はほぼなくなります。以上、ワンポイントの追記でした(^_-)☆
=============================================================================

就職活動中の学生さんや、入社したての方、新人、仕事、職業柄、普段あまり明るくできない方等など、色々な理由で一度『黒染め』をした方で、『そろそろ明るい色にしたい!』と思っている方いたりしませんか?

そんな方にご紹介する『黒染め』してその後明るいミルキーカラーにした成功事例をご紹介します。 黒染め後のカラーって、結構失敗している方も多いんです。そうならない為の方法や、出来るだけ希望の色にする為の方法をご紹介してきます!

このミルキーカラーになるまでのお話(^^)【Rita川越 KANA】

このミルキーカラーになるまでのお話(^^)【Rita川越 KANA】

川越の美容室『Rita hair&Relaxation(リタ ヘアー&リラクゼーション)』のkanaです(^^)

今回は『黒染め』した髪を、明るいカラーにした成功事例を紹介します。

そもそも、黒染めした髪にカラーって出来るの?

出来るか?出来ないか?で言うのなら答えは【出来ます!】 但し、通常髪と同じ方法では上手くいかない事が多い筈です。実際、黒染め後にカラーをして『失敗した』とか、『色が全然イメージと違った』とかよく聞きます。

出来ない事はありませんが、通常より難しいのは事実ですし、状態によってはすぐに、やらない方が良い事もあります。髪の状態や症状に合わせて判断する事は重要です。

上手くいくの? 失敗しない?『出来るだけ失敗しない一番の方法』とは!?

黒染めした髪を明るく出来ますか?と、よく聞かれますが、上記同様に出来なくはありませんが、通常のカラーより手間がかかります。

出来るだけ失敗しない一番の方法は、必ず、施術前に担当のスタイリストに『黒染め』している事を伝えて下さい。 黒染めした時期、さらに、黒染め前の髪の状態(色や傷み具合)も出来るだけ伝えて下さい。

出来れば、予約時に『黒染め』している事を伝えて相談して貰えるとさらに成功率は上がります。 色の状態、髪自体の状態、仕上がりの希望の明るさ等によって、出来るかできないかも変わってきますので。

黒染めしてからどの位経てばカラーしても平気なの?

『黒染めしてからどの位経てばカラーしても平気なの?』と、これもよく聞かれますが一概には言えません(>_<) 出来れば、お店に少し寄って頂いて髪を見れれば一番いいのですが、、、、、 なかなかそうも行かないので、来店前カウンセリングで、写メを送って貰って、見せて貰う事もできます。

とにかく、上記でも書きましたが、状態に合わせて、施術やメニューを決める事をオススメします。

そもそも黒染めってどういうカラーなのか?黒染めのやり方!

黒染めというカラーについて少々説明します。美容院で黒染めすると次、当分明るく出来ないと言われる事もあります。実際に染まりにくかったり、ムラになったり、思い通りのカラーにならなかったりという経験をされたことのある方もいると思います。

そもそも、黒染めという種類のカラー剤がある訳ではありません。薬剤の成分的に髪が染まらなくなってしまう訳では無いのです。これ、勘違いされがちなんです。但し、黒染め後染まりにくい、明るくなりづらいのも事実で、これも科学的根拠も有るんです。

黒染めとは、暗いトーンの薬剤で染めるという事です。黒染め=暗いトーン=濃い色=暗色になります。ココでカラー剤の色の作り方で、簡単に言うとカラー剤に『黒色』という色は存在しません。なので黒染め、暗く、濃い色に染めるには色々な色を混ぜて暗く、濃くするのです。

『黒染め』の黒色、暗色は調合方法のクセが凄いッ!のです^_^;

黒染めの『黒』は多くの染料で作られる。だから普通より多く染料が付着して残りやすいのです。だから処理をしないといつも通りにならないのです!

誰でも経験のある『絵の具』で例えると、赤、青、黄色等、色々な色をゴチャ混ぜすると黒の様な濃い色になるのってわかりますか?その要領と同じ様に色々混ぜ合わせて色を作るので、単純に多くのカラー剤(染料)が髪につくことになります。だから傷みやすいのもその為です。

失敗しない為に!失敗パターンを避ける為にやるべき事!

就活や様々な理由で髪色、ヘアカラーを黒染め、暗髪にする必要がある事もあると思います。しかしその反面失敗事例も多々あるのも事実!そこで失敗のパターンから、失敗回避法を考えていきます。

「就活、面接が続くから、持ちのいい黒染めがしたい。だけど終わったら明るくしたい!」

就活シーズンは染めたくないけど、黒染めにしないといけない、、。』事も多いですよね。出来るだけ早めに終わらせて、「元どおりの明るさに戻したい!」そんな方も多いのでは??

でも、黒染めを適当にやるのは止めて下さい!黒染めは気をつけて染めないとその後の失敗やトラブル元なんです。

「その後、明るくしようとした時に明るくならなかったり」
「ダメージの原因になったり」
「暗くするのと明るくするのを繰り返すうちに、黒染めの持ちが悪くなったり」

など、いろんなトラブルの原因になってしまいます。つまり、黒染めは

「明るくする時の事を考えて黒染めしないと」黒染め後が物凄く大変な事になってしまうんです。

だから、まず黒染めする最初の時にその後の予定、明るくしたいなども踏まえて担当者に相談すると良いと思います。

それでも黒染めはセルフでやりますか?

なんと無く『黒染め』について分かってきましたか?しっかりと黒染めをした事、黒染めをした時期が分っていればそれほど問題も無いし、失敗もしません。それを知らずにいつも通りに明るいカラーをやろうとすると失敗する訳です。

それでも黒染めは市販のカラー剤でセルフでやりますか? 就活や面接等、急を要する事もあるとは思いますが、どうせ黒染め自体は短期間だし適当でいいやとやってしまうと、後々面倒な事になってしまいます。さらに最近ではリタでもカラー専門店、クイックカラーメニューも併設していて市販のカラー剤程ではなくても、かなり安く黒染めが可能です。

市販のカラー剤でセルフでやるよりも、デメリットも少なく、仕上りの色も、ダメージも、その後のカラーも失敗しません。リタのカラー専門メニューだったらフルカラーでも¥2,970税込で、プロの薬剤を使って、プロがカラーリングします。シャンプーもしっかり普通のシャンプーです。

最後のブローだけ、セルフブローになりますが、それ以外は通常のカラーと変わりません。

この値段の差と、手間やリスクやデメリットを比較してみて下さい。

成功した人の『ビフォー&アフター』で検証! 成功の理由!

では、実際『黒染め』した髪を明るいミルキーカラーにした成功事例を見ながら、成功する為に行った施術内容も合わせてご紹介します!

先ずは、ご来店時の状態がコチラ☟(^^;)💦💦💦

【Rita川越 KANA】★脱!黒染め→ミルキーカラーに★_20180629_2

Before 地毛と黒染め部分がわからないくらいの暗さでご来店(>_<)

Before かなりの黒染め状態でご来店です(>_<) まずはどこが地毛なのかわからないといけないので多少のダメージはありますが、必ず必要な脱染を行います!↓

【Rita川越 KANA】★脱!黒染め→ミルキーカラーに★_20180629_3

脱色は必ず必要になります

前回染めた期間を調べて、必要なところだけ色を抜いていきます。 根元に見える黒い部分の黒毛部分が地毛です。

ココまでに、栄養や中間処理を行って、出来るだけダメージを最小限に抑えて色を入れる土台、下地造りをしていきます(^^) この作業が非常に重要なんです。通常のカラー施術以上に慎重に準備する必要があります。この事を怠ると失敗率が上がり、逆に成功率が下がる訳です。なので時間も、手間も、料金も少々かかりますが、全ては『成功率』を上げる為なんです!

最後にリタ独自のオリジナルブランドのやわらかカラーをかぶせていきます!

【Rita川越 KANA】★脱!黒染め→ミルキーカラーに★_20180629_4

ツヤツヤ~☆彡 綺麗に仕上がりました❤

因みに、このお客様は、長い間、水泳をやっていたので塩素の影響もあり、さらにストレートもかけているので熱処理で細毛ではありますが、髪質的には赤みがでやすいです(>_<)

でも『できるところまで叶えたい!!』『希望の明るい色にしたい!!』との事なので、この夏、明るい色で楽しめるように☆ 出来る限りチャレンジしてみました。

この日はくもりだったので少々見づらいですが黒染めと比べると全然違いますよね??

黒染め髪から明るいカラーのビフォー&アフター 成功事例

★必要に応じて、2回カラーするので「学割」で5,400円×2=10,800円のメニューになります(^^)

★一般の方は7,344円+5,400円=12,744円になります(^^)

※詳しくは、お問い合わせください。担当 Kana宛

ダブルカラー(黒染め落とし・オリジナルブレンド)【黒染め状態から、明るいカラーに】

暗い色を変えたい方はぜひ!

川越駅から徒歩5分 Rita hair&Relaxation川越

プロフィールはこちら

stylist KANA【Rita川越】

stylist KANA【Rita川越】

ジアミン染料アレルギー


スタイリストの森です。

ごくまれのケースですがヘナ2度染めのご紹介です!

人によってはヘアカラーに使用されているジアミン染料にアレルギーを持っている方がいます

少しカブれるくらいの軽い症状の方もいれば顔がパンパンに腫れ上がっちゃう重度の方もいます

少しでもカブれちゃう方にはあまりカラーはオススメできません

 

いきなり症状がひどくなることもあるからです
最近少し話題になった薬局などに売っているホームカラーも同じことが言えます!!
こわいですよね、、、

なんかあっても自己責任です。。。

それでも白髪をなんとかしたい❗️

と思いますよね。

 

そんなアレルギーを持っている方に

酸性カラーやヘナをオススメしています!

 

今回はヘナの2度染め

来店時

imageimage

まずはヘナのナチュラルを塗布して

image

ブラウンやブラックなどの有色で化学染料が混ざってる物は使用不可

ホントにナチュラルヘナなのでなかなか染まらない
40分くらい放置して流し

image

ナチュラルヘナの色はオレンジです

これはこれでいいんですが少し派手なのでその上からヘナのインディゴを塗布

image

20分くらい様子をみて流して仕上げ

image

 

2,3日で青みが消えてオレンジブラウンになり来店時のように馴染みます。
少しの間我慢お願いします。
マニキュアとの違いは色持ちが良いしパーマをしても褪色が少ない、頭皮にベタ塗りできるところ

2度染めになってしまうのでちょっと時間がかかってしまいますが

アレルギーを持っていてもしっかり染められますので相談してください!

 

こだわり ヘアケアの始まりはホームケアから


ヘアケアマイスター目指し勉強中の森です。

ヘアケアで一番重要なことはホームケア
多くの人がほとんど毎日自分でスタイリングすると思います

 

ここでのスタイリングとはシャンプーから仕上げまでのこと
そんな毎日するシャンプートリートメント、ドライヤーにアイロン処理、髪の取り扱いなどなど
一回は微々たるものかもしれませんが

 

塵も積もれば山となる
それなりのダメージになってしまいます

ここではホームケアの中でも重要なシャンプーをご紹介
お店で使っていて販売している物
image
シャンプー
アミノ酸系界面活性剤→低刺激で洗浄力マイルド、クエン酸配合でph5.5(弱酸性)

トリートメント
保湿力が高く皮膜は最小限、クエン酸配合でph4.5(弱酸性)

特徴

洗浄力がマイルドなので必要な油分は残し洗浄しトリートメントで保湿、コンディションを整え、一回のシャンプーで取れる程度の皮膜を張る

且つクエン酸配合なのでパーマやカラーなどによる残留アルカリを中和する能力もあり毛髪が一番安定する等電点(ph4.5~5.5)に整えてくれる

毎日するシャントリでここまでの能力があります!

Ritaでの施術にも無くてはならないモノ❗️

これがなければ今のクオリティーを維持できないと言って過言ではないんです。。。

市販されている物と比べると高価な物ですが余裕がある時是非お試しください!
良い結果が待っていると思います❗️

 



 

 

寝グセ直しに。お洒落には。


平成28年2月6日(土曜日)

こんばんは。Ritaの庄司です。

本日ご来店のお客様より、朝のお手入れについてのご質問を頂きましたので、私なりのスタンスでブログを書かせて頂きます。

この季節は就寝前にお風呂に入り、髪をドライヤーで乾かし寝て起きるとあっとビックリ大爆発!

寝相が良ければ尚更、ライオンの様になってしまいませんか?  笑

就寝前にしっかりと乾かした髪ですが、寝ている間にも乾燥の季節ですので、水分量は低下して行きます。よって変に乾燥してクセになるのです。

そんな水分量の低下した髪にドライヤーを当ててスタイリングして頂いても上手く行きません。

そう25年位前に朝シャンが流行りましたね〜

古いか〜?  (^_^;)

洗面台に伸びるシャワーヘッド、今でも付いてますよね。そこで髪を濡らして乾燥しスタイリングも良いのですが。。。

私的にはザッと熱目のシャワーをサクッと浴びて乾燥スタイリングがオススメ!

目もしっかり目覚めて歯も磨き。笑

気合が入って出勤出来ます。

お洒落を楽しむには、いつもより15分早起きして頂く事で解決出来るのでは無いでしょうか。(^.^)

皆様、お洒落を楽しみましょう。(^^)v

image

お客様のナチュラルウエーブを活かした

グラデーション ファイン ボブです。

シルク〜!


平成28年1月30日(土曜日)

そろそろ花粉の季節到来ですね〜

私も抗原は分かりませんがアレルギー反応が出るタイプです。

私達、美容師が取り扱う材料にはアレルギー物質を含む商材が多数あります。

記憶に新しいのはヘアカラー剤によってのアレルギー反応が深刻化!のニュースです。

シャンプーやトリートメントも例外ではございません。

今回のアレルゲン(抗原)はシルク(蚕)です。

商品の成分表記は加水分解シルクやシルクエキスなどですが、※必ずしも悪い物ではございません。

シャンプー後に赤みが出たりブツブツが出たりと症状は様々ですが、原因が分からず、この様な症状が出ている時は疑って見ても良いかもです。

アレルギーは抗原が分かれば避ける事が出来ます。

花粉症アレルギーとは異なる訳です。

この様な症状でお悩みの方は一度検査を受けて下さい。もしかするとシルクあるかもです。image

画像はイメージ的なものです。